飲食店の集客率アップはホームページが鍵|アピールは広告で惹く

女性

インバウンドマーケティング

店舗

インバウンドマーケティングの効果

インバウンドマーケティングとは、或るサイトを作りそのサイトを大勢のユーザーに提供したいという場面において、今まで多用されていたテレビや新聞などのマスメディアなどの、広告や宣伝などの手法を用いるのではなくて、そのサイトに興味を持つ可能性を持っているであろう、ユーザー自身に見つけてもらえるよう、または直接に発見してもらう様にする手法で、有用で魅力的なコンテンツなどを作り出して、それらを検索やソーシャルメディアなどで見つけてもらい、結果自社サイトなどに誘導するというものです。 インバウンドマーケティングはもともと、アメリカの企業家が提唱したもので、その手法は世界に広がりました。 インバウンドマーケティングは従来のような、巨大な広告宣伝費などが節約できるなどの点からも、またその効果においても、インバウンドマーケティングは注目を集めています。

インバウンドマーケティングの内容と今後

インバウンドマーケティングとは、広告などの手法によって業者側が外に向かって宣伝することで顧客を呼び込むアウトバウンドマーケティングに対し、消費者が興味を持って探した場合に見つけやすくするという手法です。最近では、単に、見つけやすくしてサイト等に訪問してもらうだけでなく、そこから顧客になってもらい、さらに常連になってもらう戦略を含めてインバウンドマーケティングと呼ぶことが多くなっています。 テレビ広告などは、インターネットがない普及していない時代には、効率よく見込客を呼び込む重要な手法でしたが、インターネットが普及し見込顧客が自ら情報をネットで探して製品やサービスを購入する時代となった今は、インバウンドマーケティングが注目されるようになりました。 今後もこの傾向は続くとともに、さらにインバウンドマーケティングが重視されるようになると思われます。